2006年04月29日

物部川ジャンボリー

午前中は雨が降ったが、午後はなんとかもちなおした。
物部川ジャンボリーが統合堰(町田)で開催され、物部川21世紀の森と水の会は、環境学習コーナーを担当。また、開会式前の一斉清掃に参加。葦舟実行委員会にも参加。

〈一斉清掃〉雨
雨が降る中での清掃となった。
一般の方たちと高知工科大学の学生さんが多数参加してくれた。
  060429clean.jpg  060429cleanup.jpg

雨に濡れながらの分別と計量は大変だった。
    060429bunbetu.jpg 060429hakaru.jpg

〈環境学習〉曇り雨
気温も水温も低い中ウェーダーをはいて川に入り、生き物を探した。
060429sampling.jpg


横のぞきめがねを使って、水中の魚を観察。本流は透視度が50cmだったので、ほとんど何も見えない。堰直下の湧き水のところでは、魚を観察できた。
060429yoko.jpg


環境学習車「えこまなぶ号」のモニターに生き物を映しながら種類を調べたり、川虫の体の構造を観察した。
060429study.jpg


〈葦舟進水式〉曇り
060429sinsui.jpg 060429sinsuisiki.jpg


無事浮かびました。060429koukai.jpg
posted by 山川海元気 at 23:19| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

物部川のごみを何とかしようー河口クリーンアップ編

曇り無風という最良のコンディションでした。
河口の右岸側は高知高専からの8人を含め43人が集まり、クリーンアップキャンペーンの調査方法(60分別)でごみ拾いをしました。調査範囲として50m四方を区切り、1時間30分ほどかけて行いました。(その後、周辺も普通の清掃を行いました。)

60分別(1).JPG 60分別(2).JPG


調査範囲でのごみは総数3,533個、88.6kgでした。波と風と砂利と日光で劣化したプラスチックが散乱しています。ペットボトル、空き缶、食品容器が相変わらず多いようです。農業関係のものはぐっと減っています。珍しいものとして、6パックホルダーが1個見つかりました。注射器も3本ありました。

クリーンアップ前の状況.jpg クリーンアップ後の状況.JPG
クリーンアップ前と後。

  分別作業.JPG分別作業

皆さんご苦労様でした。
次は物部川ジャンボリーです。
                             (by かねさん)

なお、神母ノ木地区の一斉清掃については、ばんびやんさんのブログに詳しく載っていますので見て下さい。
記事書くのさぼってごめんよ〜。
posted by 山川海元気 at 23:36| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 清掃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

ふらふ

晴れ
物部川ジャンボリーが近付いて来た。
物部川町田堰の右岸堤防に、ことしもふらふが翻っている。
黄砂で真っ青な青空とは言えないが、これでも晴れているのだ。
060418hurahu.jpg
posted by 山川海元気 at 20:37| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

葦舟作業

今回の葦舟づくりは、4月2日に雨で延期になっていた子ども達との作業でした。
葦舟のおんちゃんらぁが張り切ってチョリソを作っているのを見て、恐る恐る子どもたちはチョリソを束ねるお手伝い。
060416asi.jpg
「見よったちできんぞ!」っておんちゃん、もっとやさしゅう言うてや・・・。
でも、しっかり作業に参加して、綱引きのようにロープを引いて締め上げて、蝶結びに縛って・・。子どもたちも大活躍です。


そして、助っ人隊、頭の差配で、3本の大チョリソがロープで組み上げられていきます。真ん中にたったお兄さんが、頭の差配で、真ん中の大チョリソと左右の大チョリソに交互にロープをかけて・・・。
最後は、それを締め上げると真ん中の大チョリソが舟底になるように沈み込み、左右が舟のヘリの部分になるように隆起して舟の形に。
060416asi3.jpg


締め上げる力加減でロープが交差してしまったり、ロープが足りなくなったりと、たくさんの困難にも遭遇しながら、葦舟の形になってきた時はちょっと感動しました。

午前中の子どもたちとの作業で、後はジャンボリー当日でOKというあま〜い計画は吹っ飛んでしまい、作業は夕暮れまで続きました。もう1日くらい作業が必要なのでは?と思います。
(実際、後日追加の作業がありました)
昨年一度だけ指導者とともに作った葦舟を、今年は自分たちだけで作り上げてしまう実行委員会の皆さんの力量にはただただ感服。
ロープワークの専門用語が飛び交い、勉強になったし、筋肉痛になった一日でした。
(posted by 物ペー子)

晴れ
posted by 山川海元気 at 23:11| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「えこらぼ」開設記念イベントに役者がそろった!

環境活動支援センター「えこらぼ」が4月1日、男女共同参画センター・ソーレ3階に開設されました。
16日には、えこらぼ開設記念イベント「環境見本市」がソーレで開かれ、21世紀の森と水の会と、ゴミのない物部川をつくる連絡会が発表をしました。
060412kaizyou.jpg


もはや物部川21世紀の森と水の会の代表プレゼンターと言えるつねちゃんがとも君と発表しました。もう何度も何度も発表されているので、慣れたものです。まじめで誠実なお人柄ゆえ、ばっちり準備しての発表でした。
060416tune.jpg


ゴミのない物部川をつくる連絡会からは、イリさんとヨコさんが清掃作業のコスチュームで発表しました。ばりばりの土佐弁漫才で会場を沸かせてくれました。笑いもってシャッターを切ったき、ピンぼけになったちや!4月23日の一斉清掃の呼びかけもばっちり!
060416gomi.jpg


「えこらぼ」はNPO環境の杜こうちが運営。高知県内で環境活動をしている団体の活動支援やネットワークづくりに取り組みます。また、地球温暖化防止の啓発も進めます。
posted by 山川海元気 at 21:21| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

中央公論

宣伝です。
中央公論5月号の78ページに物部川の記事が載っています。
内容は、山腹崩壊、長期濁水、それに耐えた天然アユ、アユを守ろうとする漁協です。
ぜひ本屋さんで手に取ってみてください。

4月11〜12日にかけての降雨で、また物部川は濁ってしまいました。
泥色の川です。また、1ヶ月くらい濁りが続くのでしょうか。

河川荒廃のパンフレットを物部川漁協で作りました。
中央公論の記事を読んで関心を持たれた方は、漁協の事務所でパンフレットをもらってじっくり眺めてみてください。上流からの写真が載っていて、現在の物部川の様子がよくわかります。
posted by 山川海元気 at 00:42| 高知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

物部川のごみを何とかしよう

 2004年、環境保全などの活動を行っている団体のネットワークづくりを目的に、物部川で清掃活動をしている団体が声をかけ合い、「ゴミのない物部川を作る連絡会」が立ち上がりました。
 自分たちの活動や困っている事など情報交換を行い、物部川で清掃活動をやっている人が自分たち以外にもいたんだなあ・・と。

そして
「ゴミのない物部川にしたい。」
「みんなにゴミを捨てないようになってもらいたい。」
「すぐにはゴミはなくならないから、清掃活動できれいにしたい。」
「集めたゴミは、収集、処分してもらえるような仕組みができないか。」
「漂着ゴミは下流の人達だけが捨てたものだけじゃないのに、下流だけが費用負担するのもおかしい。流域全体で費用負担する事はできないか。」
こんな思いをこめて、連絡会では一斉清掃活動を始めました。

清流・物部川を象徴する天然アユ。アユは、川底を掃除すると言われています。流域に暮らす私たちも、物部川のゴミについて何ができるかいっしょに考えたいと思います。

[日時]平成18年4月23日(日)  (小雨決行)
[スケジュール]
  受付       8:30〜 9:00
  趣旨説明・清掃  9:00〜10:30
  分別及び数量調査 10:30〜12:00
[場所]物部川河口(左岸、右岸)   香美市片地川合流付近
    060423torimu.jpg  060423yamada.jpg
※1 河口海岸では、区域を決めて、世界一斉のクリーンアップに参加し、選抜隊がゴミを60種類に分別して量を調査します。(その他は、いつもの物部川6分別で行います。)
※2 清掃活動できる服装で、飲み水、タオル、帽子などを持って来てください。

主催/ごみのない物部川をつくる連絡会
【NPO法人エコネットなんごく(事事務局)、パワーズ山田、かがみの育成園、JA土佐香美(女性部、青壮年部、吉川支所女性部)、JA南国市(青壮年部)、M.S.F(モノベサーフファンデーション)、物部川21世紀のの会】
協力/アクア・リプル・ネットワーク、
   国土交通省高知河川国道事務所物部川出張所、
   高知県(清流・環境課、企画調整課)

posted by 山川海元気 at 23:51| 高知 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

定例運営委員会

2ヶ月に1度の定例運営委委員会が開かれた。
物部川21世紀の森と水の会事務局、物部川漁協、山田井筋土地改良区、オフィス・ティーバンズ、エコネット南国、JA土佐香美、県清流・環境化、県企画調整課、個人会員の計16名。
  会議2.jpg  会議1.jpg

活動報告と、今後の活動についてが話し合われた。
活動報告については、すでにブログに載せているので省略。
以下、「活動のお知らせ」から抜粋。

「葦舟大作戦第2回作業」のお知らせ
スタッフ募集!
4月2日は雨のため作業が中止になりました。
4月16日(日)に作業を行います。
作業はロープの締め上げです。お手伝い可能な方はご連絡下さい。
(雨天の場合は中止し、平日作業になる見込みです。)
【連絡先】山崎 電話:0887-52-1987

物部川一斉清掃
別の欄(4月12日付け)に詳しく載せています。

物部川ジャンボリー
スタッフ募集
4月29日(土)みどりの日、今年も物部川ジャンボリーが開催されます。堤防に翻るフラフを目印においで下さい。当日9時から町田堰周辺の清掃を行います。みんなで来て下さい。
葦舟大作戦、川の駅(横のぞき、ネイチャーゲーム、エコまなぶ号・・)お手伝いしていただけるスタッフも募集しています。
バンド演奏、物部流域のおいしい物などあります。
【連絡先】
 物部川ジャンボリーに関しては:NPOオフィス・ティーバンズ;町田0887-57-6010
 スタッフに関しては:兼松 TEL&FAX 088-843-2126

川の駅
今年は本格実施を目指します!
 昨年、試験的に実施した川の駅を今年は本格的に実施したいと考えています。つきましては、5月中に相談の会合を持つ予定です。会合の日時は改めてお知らせしますが,内容や進め方についてのご意見をお寄せ下さい。

【物部川21世紀の森と水の会事務局;連絡先】
〒782-0078 香美市土佐山田町大平80 高知県森林センター情報交流館
          TEL:0887-52-0072
※現在『お知らせ』を郵送させて頂いている方で,今後E-mailでお送りしても構わない方、団体の方は、アドレスをお知らせ下さい。  
posted by 山川海元気 at 02:36| 高知 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 組織・運営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。