2006年05月30日

楠目小のみんなが川遊び

晴れ
 夏日を思わせる陽射しの強い午後一番、楠目小学校4年生(31人)の児童たちが、濁水の残る物部川で生物調査と水遊びを楽しみました。
 “物部川21世紀の森と水の会”から、兼松、山崎、四宮が参加、兼松運営委員より物部川のあらましと川で遊ぶにあたっての注意を仰いだ後、生物採取班と水中観察班に分かれてスタート。
060530matchida.jpg

 生物調査では、石ころをひっくり返しながら真剣な眼差しで採取していました。濁流と増水の影響なのか、成果は少なかったものの石の裏の底生動物や沢ガニなどを見つけては興味を示す子どもたちでした。
 060530sagasu.jpg 060530mushi.jpg

 しかし・・・そのうちに生物調査も一段落すると、各々が濁水をもろともせず水遊びを始める始末。 まっいいか、これも川遊びの醍醐味。引率の先生たちもニコニコと見守るだけ。子どもちにとって、とても楽しい半日を過ごしたようでした。
 060530mizuasobi.jpg 060530suberu.jpg
posted by 山川海元気 at 22:36| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 川遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月20日

楠目小学校が四万十・流域圏学会で発表!

四万十・流域圏学会学術研究発表会が高知女子大学で開催された。

四万十・流域圏学会の基本理念が、
1)横断的・学際的な研究、現場に根ざした実践的な研究、住民と連携した取り組み(学民産官連携活動)を重視する。
2)地域の学問から全国の横断的な流域圏のネットワークづくりと世界(国際交流・国際協力)へ向けての情報発信を行い、実際問題への適用をはかるために、学・官・民の研究者・技術者・地球市民との交流を促進する。
3)次世代への展開(サスティナブル・シマント)と次世代をになう人材(若手を含む)の育成を重視する。
ということで、この3番目の基本理念を受けて学術研究発表の中にユースセッションが設けられている。

今年のユースセッションの参加校は
 香美私立楠目主学校4年生 
 佐川町立尾川中学校自然環境班・生活環境班 
 高知県立四万十高等学校自然環境部 
 愛媛県立北宇和高等学校 
             の4校。
もちろん、大学の先生や民間の研究者、大学生、行政など大人もたくさん聞いている。

その中で、楠目小学校4年生の6人は堂々の発表。
昨年度に物部川21世紀の森と水の会の環境学習チームや県といっしょに取り組んだ総合学習を発表した。
アユの釣り方については、仕掛けや竿なども見せてくれてわかり易く説明。
また、ペープサートでアユの一生を演じてくれた。
発表の最後に、今年の物部川が濁っている事。新聞でやせ細ったアユの写真を見て物部川のアユや他の生き物が心配であること。早く物部川の濁りがとれて生き物が戻って来てほしいことなど、自分たちの言葉で話してくれた。
感激してウルウルしそうになった。
みんな、がんばって発表してくれてありがとう。

楠目小は、今年度も引き続き物部川やアユについて総合学習で取り組むことになっている。物部川でアユの遡上を観察しようと5月9日に授業を予定していたが、濁水で延期。25日にということで仕切り直したが、濁水が続き早々と中止が決まってしまった。
何とか水が澄んで、アユが上ってくるところを子どもたちに見てほしいのだが・・・。
posted by 山川海元気 at 20:04| 高知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アユについて知るチャンス!

損万十・流域圏学会 第6回エクスカーション

ーアユの謎をさぐるー


損万十・流域圏学会は毎年学術研究発表の翌日に、子どもを対象にしたフィールドワークを開催しています。第6回目は物部川でアユの遡上を卒察するはずでした。
ところが、今年は雨が多く物部川は長期濁水が頻発し、フィールドでのアユ卒察会は断念せざるをえなくなりました。そこで、プログラムを屋内用に変更しました。

アユの生態や生活史について学び、クイズなども楽しんでいただきます。
顕微鏡でアユの流下仔魚や耳石の卒察もします。
そして、物部川の水がなぜ濁っているかという事も考えてみます。

講師は高橋勇夫さん。
高橋さんは日本中の川に潜ってアユの生態を研究してきました。?$然アユが湧き立つ川を目指して研究を続け、日本中で講演をされています。
物部川流域ではアユの先生として小学校の環境教属分野で活?+されています。

日時:5月21日(日) 午前10時〜12時
開催場所:物部川漁業協同組合遊漁会館
     香美損土佐山田町山田1865
損加対象:小学4年生〜6年生。保護者の損加は自由ですが、この機会にぜひどうぞ。
主催:損万十・流域圏学会
料金臓無料
後援:物部川漁業協同組合
申込:事前申込は5月20日午後8時まで、当日損加も可

お待ちしています。
   
posted by 山川海元気 at 05:44| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

NPOと行政との恊働事業成果報告会

雨雨雨
NPOと行政との恊働事業成果報告会が高知城ホールで開催された。
060516hall.jpg

        
060519panel.jpg


(内容については記事待ちで〜す)
posted by 山川海元気 at 23:01| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。