2012年01月29日

シカ被害対策を考えるシンポジウム

かねてからお知らせしておりました1月29日のシンポジウムのお知らせです。
当日になりました。

どうする三嶺ー剣山系の森と水と土ー
シカ被害対策を考えるシンポジウム


三嶺・剣山系の自然林の被害は、以前深刻な状況が続いておりますが、稜線部においてはやや緑の再生見られつつあります。しかし、急傾斜地では裸地状態が続き、崩落や大量の土砂流出が起きています。
近年全国的にも被害対策・管理捕獲の時代を迎え、三嶺・剣山系においても管理捕獲の実施と「連携捕獲」が課題となっています。
本シンポジウムでは、これらの課題を明らかにし、みんなの会の取り組みの成果の報告、獣医師さんの興味深い報告等、一般の方々に知っていただき、行政、環境保全活動に関わっている方々と共通認識を深め、今後の活動を進めるきっかけにしたいと考えています。

【日 時】 2012年1月29日(日)13:30〜16:30

【場 所】 香美市立保健福祉センター香北 2階ホール

【内 容】 
《基調報告》シカ被害対策の全国的動向と三嶺・剣山系の課題
  三嶺の森をまもるみんなの会代表/高知大学名誉教授 依光良三

《みんなの会からの報告》
 報告1 防鹿柵設置の効果と希少種の保護 
               森の回廊四国をつくる会 坂本 彰
 報告2 三嶺山系稜線部の自然再生の取り組み 
                   高知大学理学部 石川愼吾

《特別報告》 獣医師からみたシカの取り方減らし方
           わんぱーくこうちアニマルランド 早川大介

《質疑・応答・討論》 コーディネーター 
               奥村栄朗(森林総合研究所四国支所)


2012flyer.pdf
posted by 山川海元気 at 10:40| 高知 ☀| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。