2006年02月04日

物部川 葦舟大作戦

昨年も葦舟を作って物部川に浮かべたが、今年も作ることになった。
葦舟を作りながら、物部川の環境に関心を持ってもらおうという企画。

主催:物部川葦舟大作戦実行委員会
   (物部川21世紀のの会、
    土佐山田町教育委員会、高知県森と緑の会、
    物部川ジャンボリー実行委員会、カヌークラブ「りばーす」、
    香美みどりと水の会、高知工科大学=今回はお休み)

今日は上記主催者に加え、エコネット南国、オフィス・ティーバンス・森づくり助っ人隊、情報交流館ネットワーク、物部川漁協、博愛園の先生と子ども4名、片地小学校・舟入小学校・大津小学校の子ども達、高知県(環境保全課、循環型社会推進課、企画調整課、男女共同参画・NPO課)の参加があった。

今日は葦舟大作戦第1弾!葦の刈り取りと束作り。
場所は、土佐山田町緑地公園(旧山田堰)と香北町白川(杉田ダム湖畔)。

緑地公園では、鎌を使っての刈り取りと束作り。
白川では、企業局(ダム管理者)により刈り倒してあった葦を束ねて道まで運び上げ、搬送。

子ども達は緑地公園での作業に参加した。
昨年に引き続き参加した子もいたが、初めての子は鎌の使い方から教わって挑戦。 
  060204yosihara.jpg   060204taba.jpg

葦は束ねてから運び、軽トラに積んでストック場所に運んだ。
ダム湖から運び上げる。060204hama.jpg

作業が終わってから、イモ天のおやつ。お芋は環境農園でできたもの。甘くておいしかった。
     060204imo.jpg
葦舟は、完成して川に浮かべてから解体され、環境農園の土になる。

おやつの後は、寒さをこらえて葦と水質の話を聞いた。
今度は4月に葦舟の組み立てがある。また,今度会おうね・・・と言って解散。

                                                                                                                                                                                                       
posted by 山川海元気 at 18:36| 高知 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 環境学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
寒い中、皆さんご苦労様。
杉田ダムでは、2m以上の背丈の葦が刈り倒されていました。なるだけ長くて真っ直ぐなのを探しながら、拾い集めていきました。
ところで、作業をしている時、非常に気になったのが、葦の根元に流れ着いているゴミです。缶、PET、発泡スチロール・・・・たくさんありました。今度雨が降ったらダム湖に流れ込み、そして下流へ・・・また、川が汚れるなぁ・・・葦を刈ったあとだけでもゴミ拾いをしときたいなぁ・・・・
Posted by 物部の夕焼け at 2006年02月05日 22:36
ダム湖での葦拾い、お疲れさまでした。
そうですか・・・。
ダム湖にもゴミがたくさんあるのですね。
ダム湖のゴミも拾って物部川方式で分別して、数えたり計量して、先月の河口近くのゴミと組成を比べると、また新しい発見があるかも。
葦も、中途半端に刈るのではなく、きれいに刈ってしまいたい気分ですが,たくさんありすぎる(^^:)
Posted by 山川海元気 at 2006年02月05日 23:23
実は、杉田ダムのゴミについて、昨日(6日)企業局に一緒に拾わないかと投げかけをしました。すると、すばやく反応してくれて、一度どんなにやるのか話を聞きたいということになり、本日エコネットなんごくの横田さんと、杉田ダム管理事務所に行くことになりました。
ごみ拾いが実現したときには、皆さんまた応援をお願いいたします。
Posted by 物部の夕焼け at 2006年02月07日 01:19
物部の夕焼けさん。
動きが素早いですね。
企業局も一緒にゴミを拾ってくれるといいですね。
Posted by 山川海元気 at 2006年02月07日 01:41
雪の舞う中での葦刈り、ご苦労様でした。
植物にとっても疎い私ですが、葦刈りをきっかけに物部川の植物のことをもっと知りたいなぁと思いました。よもぎもおいしかったし、菜の花もおいしかったし、他にもなんか食用が・・。(そっちか。)
次回は、大人による葦の束づくりですね。
新聞を束ねて、ゴミステーションに持って行くまでに道にばらまいてしまう私は参加してよいのだろうか・・。
Posted by 物ペー子 at 2006年02月07日 08:21
物ペー子さん。
川虫の天ぷらも食べてみる?

何でも、考えているだけではなく、そこに来てやってみるのが大事だと思います。そう言う私も、皆さんの足(葦?)を引っ張るような気がする。
Posted by 山川海元気 at 2006年02月07日 09:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12744927
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。