2006年02月17日

久礼田小学校・物部川河口

晴れ昨日までの雨が心配でしたが、今日はいい天気になりました。
久礼田小学校の皆さんはスクールバスで物部川河口にやって来ました。

漂着ゴミ・ビンゴ!
班ごとに河口の浜を歩いていろんな種類のゴミを集めました。
   060217clean.jpg

ゴミの種類は、ビンとかペットボトルのように具体的なものから、「みんなの宝物」「まるいもの」「何かに似ているもの」など、子どもの感性によって分けられるものまで、25種類。
集め終わったらみんなが集まって、かねさんがゴミの種類と番号のくじを引き、ビンゴゲームをしました。
   060217bingo.jpg
みんな、がんばっていろんな種類を集めたので,ビンゴ続出でした。

漂流ゴミについてのお話
漁師さんの細川さんが、漂流ゴミについてお話をしてくれました。
ゴミやウミガメやマンボウなどの写真パネルもたくさん見せてくれて、とてもわかりやすかったです。
   060217panel.jpg
「川にあるうちは拾うこともできるけれど、いったん海に出てしまうとゴミを拾うことはできない。スーパーの袋など分解しにくいので、いつまでも海を漂流して海を汚している。海が汚れると魚やウミガメなどにも影響が出てくる。漁の網にたくさんかかって、網を巻き上げる時にゴミをのけないといけないので、大変時間がかかる。生ゴミを入れてそのままポトリと捨てる人もいる。袋が破れると大変臭い。台風で流れてきた木などの自然のゴミもたくさんある。
皆さんは、大きくなってから海をきれいにするにはどうしたらいいかと考える人になるかもしれないが、その前にゴミを出さない人になってほしい。」という漁師さんの言葉は、きっと子どもたちの心に届いたと思います。

稚アユの遡上
水産試験場の松浦さんから、海と川を行き来するアユのお話を聞きました。
そろそろ、海のプランクトンを食べて大きくなったアユが川へ入ってくる季節です。運がよければ、群れて黒い帯のようになった稚アユが川の縁に沿ってのぼるのが見えるはずです。
   060217kakou.jpg
みんな期待して河口でアユの群れを探しましたが,今日は残念、見えませんでした。

清流箱めがねでものぞいてみましたが、昨日の雨のせいか濁っています。
   060217hakomegane.jpg  060217water.jpg
これから4月頃まで稚アユの遡上は続くので、また春休みなどにお家の人と見に来てね。

  060217sea.jpg海はすっかり春の色

060217plane.jpg
posted by 山川海元気 at 23:22| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。