2006年02月21日

杉田ダム清掃(2.19)ゴミ分析結果

先日の杉田ダム清掃で集まったゴミの、数量および重量がまとまった。

060219table.jpg

プラスチック71袋中61袋は発砲スチロールだ。発砲スチロールは、手作業で砕いてゴミ袋に入れた。
トロ箱や、野菜が入っている箱のようだ。軽いので,ダム湖にプカプカ浮かんで,岸に吹き寄せられているのだろうか。この発砲スチロールの多さが、下流部のゴミと違うところだろう。
ダム下流部の発砲スチロールが少ないのは、流れに乗って短時間で海に出てしまうからだろうか。だとしたら、海の発砲スチロールの量は想像もできないくらい多いのだろう。
17日の久礼田小学校の授業で、細川さんが「まだ川にゴミがあるうちは拾うこともできるけど、海へ出てしまったら拾いようがない」と嘆いておられた。海の発砲スチロールはいったいどれほど海の生態系に影響を及ぼしているのだろうか。
また、缶とビンの合計が450個余りだが、ダム湖に沈んでしまった缶やビンの数は想像がつかない程多いのであろう。

060219graph.jpg
上のグラフは、それぞれのゴミの割合である。

今回計量できたゴミの総重量187.3kgに加えて、計量できなかった粗大ゴミが軽トラ1台弱があった。
ゴミの処理については、香南清掃組合、香北町、大前田商店にお願いした。

今回反省すべき点は、燃えないゴミ、リサイクルできない缶・ペットボトルの処分方法については最終詰めが甘かったことである。
一般参加者が帰ってしまった後、香北町は町が処理できる形になるまで分別を一緒にやってくれ、なんとか処理できるよう丁寧に一生懸命考えてくれた。合併前の忙しい中、本当にお世話になりました。
焼却ゴミについては、香南清掃組合へ発電管理事務所が持ち込み、アクア・リプル・ネットワークが費用を出した。

企業局のダム周辺対策事業費は、ダム周辺のハード整備に使われることが多い。しかし、今回清掃をして感じたことは、例えば、ゴミ処理費の負担、およびゴミ処理の行為そのものといったソフト面にダム周辺対策事業費を使ってもいいのでは?・・・ということ。
ダムのゴミ全ての面倒を見ていたらキリがない。不法投棄もあるし。ゴミ問題がひと筋縄ではいかないことは承知している。

けんど,せめてボランティアが集めたゴミばあ、ダム湖全体からいったらほんの少しやきねえ。
ゴミを拾ってくれた一般参加者は、皆さん明るい顔をして帰っていった。
ダム湖がきれいになり、利用者が増えれば、地元は更に明るくなる。ゴミを捨てる人も少なくなるのではないか。

物部川に限らず、流域の清掃ボランティアが集めたゴミを処理する行政側の対応は、きちんと対応してくれる所,渋々対応してくれる所、川のゴミはうちが出したのではないとつっぱねる所等、様々だ。財政難やゴミの処分方法の難しさなど、行政側も悩ましいのではあろうが・・・。
流域ゴミをきちんと処理できるシステムができればいいのになあ。安心してゴミも拾えん。。。

というような個人的見解を書いてしまった。どうも。。。です。


posted by 山川海元気 at 22:07| 高知 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 清掃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ダム湖を漂うゴミ。毎月定期的に舟で回って、ゴミ集めして、計量して、みんなに報告して、啓発につながったらえいねぇ。(不法投棄は、写真とって、保健所に報告して。)
企業局から、調査(または管理)ということでNPOに委託できんやろうかね。
Posted by 物部の夕焼け at 2006年02月22日 11:52
いやあ、文章を何度も書き直してしまった。
ちょっと、いい加減にはできない内容だったから。

読む度に文章が変わって「???・・・」となった方、すみません。
Posted by 山川海元気 at 2006年02月22日 18:30
「物部川のごみを何とかしよう」という名前の清掃活動では、物部川方式6分別という分別方法で、データを取っています。
なので、参加者のみなさんには、どろどろのゴミをブルーシートにぶちまけて、飲料アルミ缶ばっかり数を数えながら袋に入れる、ペットボトルばっかり数えながら袋に入れる・・・という作業をいつも1時間ほどやってもらっています。
時間もかかるし、汚いし、臭いし〜って思います。
でも、こうやって種類別の数量が出ると、いろんなことが見えてきます。海へ行く発泡スチロールのことなど、本当にぞっとすることですよね。
なので、皆様、今後もいっしょに「物部川方式6分別」をよろしくお願いします。
「今までのデータが知りたい。」という方は、「ごみのない物部川をつくる連絡会」の横田さん(088−863−5346)か、県の環境保全課(088−823−9686)メールアドレス141401@ken.pref.kochi.lg.jpへ聞いてみてね。
Posted by 物ペー子 at 2006年02月23日 08:08
初めての参加者も、もくもくと分別をしてくれゆう。
ほんま、頭が下がるちや。
Posted by 山川海元気 at 2006年02月23日 10:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。