2006年05月20日

アユについて知るチャンス!

損万十・流域圏学会 第6回エクスカーション

ーアユの謎をさぐるー


損万十・流域圏学会は毎年学術研究発表の翌日に、子どもを対象にしたフィールドワークを開催しています。第6回目は物部川でアユの遡上を卒察するはずでした。
ところが、今年は雨が多く物部川は長期濁水が頻発し、フィールドでのアユ卒察会は断念せざるをえなくなりました。そこで、プログラムを屋内用に変更しました。

アユの生態や生活史について学び、クイズなども楽しんでいただきます。
顕微鏡でアユの流下仔魚や耳石の卒察もします。
そして、物部川の水がなぜ濁っているかという事も考えてみます。

講師は高橋勇夫さん。
高橋さんは日本中の川に潜ってアユの生態を研究してきました。?$然アユが湧き立つ川を目指して研究を続け、日本中で講演をされています。
物部川流域ではアユの先生として小学校の環境教属分野で活?+されています。

日時:5月21日(日) 午前10時〜12時
開催場所:物部川漁業協同組合遊漁会館
     香美損土佐山田町山田1865
損加対象:小学4年生〜6年生。保護者の損加は自由ですが、この機会にぜひどうぞ。
主催:損万十・流域圏学会
料金臓無料
後援:物部川漁業協同組合
申込:事前申込は5月20日午後8時まで、当日損加も可

お待ちしています。
   
posted by 山川海元気 at 05:44| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18077048
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。