2006年05月30日

楠目小のみんなが川遊び

晴れ
 夏日を思わせる陽射しの強い午後一番、楠目小学校4年生(31人)の児童たちが、濁水の残る物部川で生物調査と水遊びを楽しみました。
 “物部川21世紀の森と水の会”から、兼松、山崎、四宮が参加、兼松運営委員より物部川のあらましと川で遊ぶにあたっての注意を仰いだ後、生物採取班と水中観察班に分かれてスタート。
060530matchida.jpg

 生物調査では、石ころをひっくり返しながら真剣な眼差しで採取していました。濁流と増水の影響なのか、成果は少なかったものの石の裏の底生動物や沢ガニなどを見つけては興味を示す子どもたちでした。
 060530sagasu.jpg 060530mushi.jpg

 しかし・・・そのうちに生物調査も一段落すると、各々が濁水をもろともせず水遊びを始める始末。 まっいいか、これも川遊びの醍醐味。引率の先生たちもニコニコと見守るだけ。子どもちにとって、とても楽しい半日を過ごしたようでした。
 060530mizuasobi.jpg 060530suberu.jpg
posted by 山川海元気 at 22:36| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 川遊び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。